接骨院の経営に関していろいろ考えてみるブログ

元サラリーマンから脱サラして柔整師の資格を取得した脱サラ柔整師が接骨院の業界の分析を気ままに書いていくブログです。

接骨院、柔整士を狙う団体やサービスで私が腑に落ちないこと


スポンサードリンク

さて、確定申告もひと段落して、

私の仕事の方も少しだけ落ち着いてきました。

 

といっても、4年目にて

一人での限界が見えてきたことと紹介が増えてきているので

従業員を雇おうとしてますが、

経営者との会話ができ、且つ、アップセールを的確にできる柔整士、あん摩師などそういないのが現状です。。。

 

とまぁ、私の愚痴は置いておいて。

 

 

今日は、修行時代に強く感じていて、

今こうして一人で独立して、まじ誰か説明してくれよ?

と思っていることがあります。

 

この業界、なんたらむちうち協会、とか治療協会という団体が多すぎな気がしてならんのです。柔整士の学校も多いことには違いないですけど、なってからお世話になるようなところも多いですよね。

 

私、こういうのは、人と会話するときは、なるべく客観的に分析して話しますが、

正直、大っきらいなんですよ。

 

だって、柔道整復師からお金取ることはしっかりしてくるんですもの。。。

 

知ってましたか?この業界はカモとみられてるカモ?

むちうちとか交通事故に限らず、こういう団体って、外科医とか内科医の医者に向けた団体はごくわずかなのに、柔整士に向けては結構、たくさんあるんですね・・・

 

しかも、会費を月会費、年会費と結構な高い金額をとります。

 

まぁ、お金を取ろうとするのが目当てなんですから仕方ないですが

でも、私たちって、こういうのに所属して何を得ようとしているんですかね?

 

技術ですかね?

・・・こういうところに所属してることで、自分の技術に自信がないと言っていないですかね?自分の院内で技術を磨くために指導ができていないと言っていないですかね?

 

集客ですかね?

・・・本当に所属してるだけであなたの院にやってきますかね?それをきちんと把握するだけのアンケートやヒアリングしてますかね?すでに使い古された手法や専門知識、用語にごまかされて結果を見てますかね?さらに、私個人的にひどいなと思うのは、HPへリンクさせるサービス。あれ、ちゃんとアクセスアップや反応率アップになってる人いるんですか???HPきちんと作るほうが重要ですよ???

 

経営指導ですかね?

・・・こうしたらいいとはよく言いますが、真似をしたとして、あなたの取り組んだことに対しての結果を受け取ってくれてますかね?その結果を踏まえてやらなくちゃいけないことを一緒に考えてくれてますかね?答えだけでなく、考え方も伝える努力してくれてますかね?

 

残念ながら、私こういう風にきちんとしてもらいたいことをしてくれる団体に行き着いたことないんですよ。

技術を知りたいから所属した、でもマーケティングは別、教えてくれない。

とりあえずやってみた、でも、成果がイマイチなのにどうすればいいかわからない。

これらに手を差し伸べてくれるところはないんですね。

HPや言葉では、なんだかそういうことまで大丈夫的なこと書いたり、話したりしてるところ多いですけど。

 

なんか、金額の割に会は微妙。

講師ではなく、後から、飲み会や食事で実践している人と情報交換する方が為になったりするわけです。

なら、そういう人同士で集まって、2ヶ月に一ペン技術上昇施術会や

情報交換飲み会やったほうが絶対に費用対効果は高いわけです。

 

まぁ、治療に考え方もって取り組んでいない人は

聞くだけになっちゃいますけどね。

 

 一番、腑に落ちないことは、会費

まとめると。。。

私がこういう団体に所属する際に

 一番腑に落ちないことは

いつまで払い続ければいいのかわからない会費です。

 

とくに集客系の団体とかサービスは、

早くに参加すればするほど安くなければ意味がないのに、後から参入する人が有利なんですね。

エキテンや私のブログにもまとめているNPOさんなんかもその典型です。

 

こういうのは、地域によってもそうですが、効果が出るまで時間がかかります。知名度がないとか、有名でない場合もそうです。

 

集客系の団体、サービスは、爆発するかどうかわからない時期にお金を投入しても意味がないのですよ。

こういう団体、サービスは、集客が爆発する前にお金払っていたお客を優先するべきなんですが、だいたいそういう支えた人(会員)への感謝すらしないわけです。

 

まぁそうですよ、会員は金づるが本音ですから。

だから、コンサルもエキテンなども

結果を出させるよりも、

「勝手に」頑張った「結果を出した会員」を重宝して、優遇し

擦り寄ってくるのです。

 

もちろん、自分が結果を出させたかのように

紹介して、実績に仕立て上げることで「金づる」を安心させるためです。

 

そもそも、ここに所属する限り、月何万円か取られるってことは、

あなたの接骨院が続く限り、その会社や団体に月何万円支払い続けるってことですからね???

 

脱サラ経営者としての私の考え方はこう

だから、そういう団体やサービスは、私は結果をしっかり見ます。

3ヶ月なんの効果もなければ、無駄な出費として切り捨てます。

 

まだ、時じゃなかったと。

そう考えるのです。盛り上がった時に入れてもらえればそれはそれでOK。

ダメなら、一番いい時期を逃したか・と諦めます。

絶頂が続くことはないのが、ビジネスというやつです。

 

だって、そうじゃないともったいないじゃないですか???

経費なんですから。

 

我々柔道整復師は、正直馬鹿にされている。と感じることが多々あります。

 

それを同業者だった人が行っている団体やセミナーにもそういうところを

感じるのがとても残念に思うのです。

 

こういう団体やサービスにぶら下がるコンサルやセミナー内容を見ると

一番後ろに腕組みしながら、「ふざけんな」と思うわけです。

 

コンサルがノウハウを売るために、自分の言ったことに振り回されるサマも見逃しません。

 

といっても、顔と心は冷静に情報集めしてますけどね。

 

まぁ、そんなこんなで費用対効果考えようぜ?って話です。

私、これ、とても大事だと思います。

あまり、言う人少ないですが、これ言える人は信じていいと思いますよ。

 

もっと、増えてくれれば、もっとまともなサービス、団体が生き残るでしょうね。