読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接骨院の経営に関していろいろ考えてみるブログ

元サラリーマンから脱サラして柔整師の資格を取得した脱サラ柔整師が接骨院の業界の分析を気ままに書いていくブログです。

次なる、金の成る木に仕立て上げられるのは???


スポンサードリンク

少々、お得意さんである会社役員の方が増えてきて

往診専門接骨院として、もうひとり雇おうか?

なんて、考えています。

 

  • 交通事故
  • 産後、妊婦さんの骨盤矯正

ときて

次なる金集めセミナーの的になっているのが

おそらく

  • 訪問マッサージ

ではないでしょうかね。

 

実質、この分野への参入は、鍼灸師+あんま・マッサージ師の資格があれば

可能で資格持ちに対して、需要の方がまだまだ多いという現実から

あまい市場、ライバルが少ない市場だといえます。

 

実際に、往診専門として行っている私も非常に感じることなんですが、

「来てくれる」ということを求めているニーズは非常に高い。

 

私の場合は、

官僚や会社役員などのVIP専門という、かなりニッチかつある意味一見さんお断りの

紹介枠なので、特殊といえば特殊だが。

 

 

 

例えば、障害を持っているため、往診を選ぶ。高齢者もいれば、子供だっている。

 

 

と訪問鍼灸マッサージであっても専門性をもって行えば、普通の集客に比べればまっさらの患者が得やすい。

 

 

 

 

ここで一つ、こういうノウハウの集客部分はこの「まっさらな患者」が重要だと私は思う。

つまり、「探している人が居る」これが重要。

  ↓

探していればネットで探す。

  ↓

ほかにないなら、とりあえず連絡。

 

これが、ライバルがいないときの集客だから、HP業者もこういうものにはすぐさま飛びつこうとするわけである。

 

 

 

 

正直なところを言うと、訪問の場合、口コミや紹介は本来、起こりにくい。

とくに、障害を持ったり、老人で動けないなどになると本人からの口コミでなく、その保護者の交友で大きく差が出るわけだ。

 

私の場合は、金額面と交友という面で、まっさらな顧客を捨てて紹介だけの

VIP専門という特徴を選んだおかげで、少々特殊な分野ではあるが、紹介方法などのノウハウは試行錯誤で溜まってきた。

 

こういう細かい努力を重ねられる人でないと今までの「交通事故」「産後、妊婦の骨盤矯正」などで稼ぎ続けることはできないんじゃないか。

と感じている。

 

この訪問系の業態も

効率化や口コミなどのノウハウを確立していかないと

この金の成る木も数年で枯れてしまう人が続出なんだろうな・・・と感じてしまうわけだ。

 

私のライバルと呼べるそうなところは、基本怪しい系(占いのような・・・)の人が多くなってしまって、同列にみて比較されることは少ないので、当分安心かなと。

 

これで、私がどこぞの宗教みたいな洗脳系をやりだしたら、口コミや紹介すら回らず、集客に困ったと思ってくれていいと思います(笑)

 

新規客がいなくなったら、既存客を洗脳させて、絞り取らないといけなくなるわけで、既存客を安心させて、考える力を奪うようなこと言い出したら、その人のビジネスは実質うまくいっていない証拠だと思うんですよね。