読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接骨院の経営に関していろいろ考えてみるブログ

元サラリーマンから脱サラして柔整師の資格を取得した脱サラ柔整師が接骨院の業界の分析を気ままに書いていくブログです。

柔整士とfacebook

先日、自分の師匠から電話をもらって

お話ついでに近況報告をしていて、聞かれたことがあります。

 

最近の若い柔整士は、Facebookとやらで何をしているのか?

 

ということを聞かれた。

これに関しては、一言、ごめんなさい、私もわかりません。

と答えた。

 

私自身もFacebookを使っているが、

確かに知り合いの柔整士はなぜか、柔整士同士でつながっているんですよね。

 

商売として使うなら、お客さんとなりうる人とつながる必要があるのだが、

わざわざ作ったFBページに見込み客でなく、同じ柔整士ばかりにイイネを押されている。

 

えっと、それっておかしくない?

仲間内でイイネし合ってどうすんの?

とか考えないんでしょうか。

 

患者さんにイイネを押されるから評価になるはずですが、

イイネと押している人が同じ柔整士ばかりなのをみたら

正直、僕は逆効果だと思います。

 

だって、同じ柔整士がイイネを押していてって

自画自賛みたいじゃない?

 

ステマと思われたら

あまりよろしくない結果になると思いますが・・・

ステマには、結構周辺の評価が厳しいのです。

例えばこんな感じ。

事実、患者さんはそういうの見てますから。

 

情報交換やら、同業者にノウハウ売るつもりの場合は

柔整士同士でつながってイイネを押し合うもいいと思うのですけれども、

院の集客に使うときはどうなんでしょうかね。マイナスになりそうな気がしますよ。

 

広告を非表示にする