読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接骨院の経営に関していろいろ考えてみるブログ

元サラリーマンから脱サラして柔整師の資格を取得した脱サラ柔整師が接骨院の業界の分析を気ままに書いていくブログです。

差別化は必要であるが、専門化はお勧めしない理由

最近、接骨院に、

専門性を持ちましょう。

 

と言っている自称コンサルティングの人がいるが、

私はそれは、すべきではないと考えています。

 

専門化をしてしまうと、単価は上がります。

ですが、年間通しての来院数は減ります。

(よほど少ない来院数、もしくはリピート数の院でない限りでそうなります。)

 

なぜか、

自分から入口を狭くしているからです。

 

では、なぜ専門化するのがいいと思われがちなのか?

これは、純粋に悩みが単純になるからです。

 

そのため、接骨院でいうと「あまり難しくあれこれ考えたくないひと」が

「ここならいいだろう」

と訪れる。これが専門化のメリットです。

 

とここまでが、一般的な接骨院業界が考える専門化です。

 

 

でも、実は専門にするということは、他でできないことをするなんですよね。

いま、接骨院業界では、交通事故専門と付けた院が交通事故の患者を集めようとしていますが、交通事故専門なのに、事故のむちうちしか対応できないんですね、接骨院の場合。

 

他でできないことが、専門化なのに、どこもかしもこ交通事故専門

どうでしょう?傍から見ても、専門化の意味合いが薄れます。

 

次に専門化のデメリットは何なのか?

単純に専門化以外からの入り口からの、来院が極端に少なくなること。

それともう一つ

腰痛から入ってきた患者さんがその他の痛みなどの

アップセール(単価アップ)に広がりにくいこと。

この二つが挙げられます。

 

 

交通事故専門という接骨院は時折聞くかもしれません。

しかし、こういう接骨院が人であふれることはありません。

だから、専門でないところでも集客します。

⇒専門じゃないじゃん?ってなります(笑)

 

金額が高く、一人当たりの単価が高いためにやっては行けますが、

人が暇になってしまったり、キャパシティがあるにもかかわらず

患者が来ないというケースが産まれやすくなります。

 

なので、専門性を打ち出すの構いませんが、院を専門化してしまうなら

十分入口が大きなもの例えば、「腰痛」「肩こり」といったくくりと

他の痛みへの単価アップの仕組みを持ってからでないと厳しいと思います。

 

 

つまり、院の専門化をしてしまう前に、他院との差別化を徹底してください。

という話です。

 

差別化というのは、誰でもできることでも構わないですが徹底することで他との違いを生み出すことです。

 

飲食店などの中華、イタリアンなどの専門化の話は、あれは、経営側にとっても、単価、手間などで非常に高いメリットがあるからです。

 

しかし、

未だに総合のファミレスがゼロにならないのは

あそこに行けば何とかなるという便利さがあるからです。利便という差別化の中でなんでも食べられるというのは総合ファミレスであるといえ、

ファミレスの中でも、中華、イタリアンなどの専門化したものは、数年たったら別の専門ファミレスに変わる戦略もあるほどです。

 

 

最近の世の中の流れは専門化ではありません。

個人の薬局はなくなり、ドラッグストアがチェーンでできています。

電気屋さんもチェーン店。

地元のスーパーよりも、大型ショッピングモール。

 

便利さを求められているなかで、他にはない、行く理由を探しているのが現代です。

だから、専門化ではなく、差別化が重要だと思いますね。