接骨院の経営に関していろいろ考えてみるブログ

元サラリーマンから脱サラして柔整師の資格を取得した脱サラ柔整師が接骨院の業界の分析を気ままに書いていくブログです。

接骨院の経営は患者さんのどこに自分の院を合わせるか?だと思う。


スポンサードリンク

接骨院の経営者であれば、

自分の院をどんな院かを言うことができると思う。

 

自分の場合は、VIPの方と仕事に関する話題に違和感なく答えたり

聞いたりできて、その人の空いてる時間を使って

痛みや不調を治療する接骨院(正しくは往診専門接骨院)

 

となって、かなり特殊ですが、

例えば、横浜市の人口と年齢別グラフを見ながら

横浜市における保険のビジネスの展開を話ができる柔整師はそうはいないと思います。

でも、私はやりますし、患者さんとの会話の中で情報や事前下調べなども行います。

 

だから、

そういう院だと説明します。

基本的に、私の仕事は紹介のみですので、そういう社長さんや高官の方で、

運動不足と体重増加で膝を悪くしてたら、ダイエットしてください、

動いてくださいと怒りますし、厳しいことも言います。

 

そういうポジションだからです。

そしてそういう人は、痛みを取り除いたり、時間を無駄にしないことに

お金を使います。

 

ゆっくりマッサージをして気持ちいいにはお金を使いません。

痛いから呼ばれますし、とある社長さんは気持ちいいを求めるなら、エステや風俗に行くとはっきり言っています。そっちのプロに頼もうということです。

 

でも、院を構えて、1件当たりの単価が低くなれば、

私のこんなふざけたような内容でHPを作らないといけません。

 

 

つまり、

患者さんの求めていることに自分に院を合わせて、

それを求めている患者さんまで届ける(告知する)という

作業が柔整師の経営者の行動には欠けています。

 

なぜ、すごい技術を教えているのに院は特に普通なのか?

私は、技術を教える先生の接骨院をくまなく調べます。

院の特徴をです。

そして、上のような疑問を持つことが多いのですが、

この先生は経営センスはないんだと理解したうえで学ばせてもらっています。

 

上手い先生は、自分の技術を売るために

コンサルや今業界で勢いのあるところを使って広めようとします、

これは告知をするという行動です。

 

 

ただ、このコバンザメ商法はいわば自分に力がないと言っているようなものです。

中には、接骨院は形だけで、自分の技術をいいものだと広めている人がいますが

私はこれはちょっと恥ずかしい行動だと思っています。

 

実は、それで明確に稼げてないからです。

 

 

まずは、本業で結果を出す。

本人の言うことは5割増しで聞くのがいいでしょう。

結果を出すのは当たり前のことですが、そのHPなどをみて

どこの層の患者さんに院のレベルや内容を合わせているかな?

 

という視点でみると、

案外、良いと言われる技術の本業は至って普通という場合もあります。

その場合は、その先生は、経営ノウハウはないので

技術を手にした後、経営に活かすも殺すも自分次第ということを頭に入れて、技術を学ぶ必要があると思うのですね。

 

 

全てができる人はいない。だから・・・

私は、いろいろな社長さんとお話しする中で、社長さんはすべてできるオールラウンダーなひとはごく少数です。

それに、たくさんの師匠を持っています。

 

経営のための師匠、人をうまく使うための師匠、自分の精神の安定を診るための師匠、など本当にその分野に強いという師匠を複数人必ず持っています。

 

接骨院もごく一部の人はそういう風に、何人もの人に教えを乞うているのが現状ということを知ってもらいたいのです。